国境越え協働する調査報道の新地平を考える〜政治資金を調査し伝える新しい仕組み 「パナマ文書」報道を例に〜
今、政治資金の調査・報道において新しい枠組みが孵化しつつある。
世界に衝撃を与えた「パナマ文書」は南ドイツ新聞にもたらされた後、世界100超のメディアの約400人のジャーナリストが連携して分析。多くの国の政治家、企業、資産家の租税回避が暴露され、データ自体が誰でも利用できるように公開された。国境を越えてこれだけ多くのジャーナリストが協働して調査報道に当たったのは初めてのことである。
日本では、関西の法曹人を中心にして一般財団法人政治資金センターが10月に設立された。
政治家・政党の政治資金に対し徹底した情報公開請求を行い、市民誰もが利用できる「政治資金データベース」を作って、結果を白日の下に晒そうという日本初の試みだ。
問われるのは、これらを分析して問題点を整理し市民に届けるジャーナリズムの役割だ。
4回目となるジャナフェスでは、発足間もない政治資金センターの活動を紹介し、国境を越えて「パナマ文書」を分析・報道する中心的役割を担ったイタリア人ジャーナリストのアレッシア・チェラントラさんとスカイプを繋いで、「パナマ文書」報道の意味を語ってもらう。
また、日本で初めて調査報道のための認定NPOとなったアイ・アジアが、独立・非営利の調査報道の役割と可能性について報告する。
マスメディアがじりじりと力を落とす中、「会社主義」に拘泥する限り調査報道に未来はない。越境し、連帯する新しい調査報道の在り方を考えたい。

第一部 「政治と金」を調べ伝える新しい試み※出演者敬称略
    発言
  • ・阪口 徳雄(政治資金オンブズマン共同代表、弁護士)
  • ・上脇 博之(政治資金センター理事、神戸学院大学法学部教授)
  • ・鈴木 祐太(ジャーナリスト)
第二部 「パナマ文書」の衝撃と新しい調査報道※出演者敬称略
    発言
  • ・立岩 陽一郎(ジャーナリスト)
  • ・アレッシア・チェラントラ(ジャーナリスト/イタリアの調査報道NPO・IRPI所属(スカイプ参加))
第三部 今求められる「国境を超え協働する調査報道」※出演者敬称略
    発言
  • ・高田 昌幸(新聞記者)
  • ・小黒 純(同志社大学大学院教授)
  • ・立岩 陽一郎(ジャーナリスト)
  • ・石丸次郎(ジャーナリスト/アジアプレス)
    総合司会
  • ・亘 佐和子(記者/毎日放送ラジオ)
※事前告知なくプログラム、登壇者が変更する場合がございます。ご了承ください。


開催概要
日時:2016年10月28日(日) 18:30〜20:30(開場18:00)
会場:大阪市立住まい情報センターホール[3階]( 大阪市北区)
   地下鉄堺筋線/谷町線 天神橋筋六丁目駅3番出口直結 JR環状線天満駅徒歩7分
地図はここをクリック
定員: 200 名(事前申し込み不要)
資料代・会場カンパ: 1,000 円(学生証・障害者手帳ご提示の方無料)
共催:調査報道認定NPO法人アイ・アジア、アジアプレス・インターナショナル、新聞うずみ火、一般社団法人 自由ジャーナリストクラブ(JCL)、一般財団法人 政治資金センター、DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
お問合せ : アジアプレス・インターナショナル Tel(06) 6373-2444 e-mail アジアプレス